日本で唯一の染色フィルム加工はトチセン

当社の染色加工は、繊維の染色加工技術を応用し、昭和38年にポリエステルフィルムへの染色加工技術を確立した、日本で唯一のフィルム染色メーカーです。

フィルム染色は、水の中に染料を分散させ、この液中にフィルムをデッピングする事により、フィルム内部へ染料を浸透させる着色加工技術であります。

プラスチックフィルムへの着色は、染色のほかにコーティングによる方法もありますが、コーティングはフィルムとコーティング層(着色層)との2層となります。

よって透明性が失われたり、コーティング層の剥離が生じます。当社の染色は、本来の染色法である水系方式を採用しており、フィルム本来の透明性と風合いを生かした着色が可能である事が最大の特徴であります。

他社の溶剤染色法は、染料が限定される事(色の対応が難しい)と、小さなロットへの対応が難しく、また、加工温度が高いため、ポリエステルフィルムの染色加工に限定されてしまいます。これに対し、当社の染色は、一般的な分散染料を使用することができるので、染料の組み合わせにより、波長のコントロールが可能であり、ポリエステル以外のフィルムへの染色も可能です。

また、当社の染色設備は、必要数量に応じ9台の染色機により選定が可能であり、少ないロットへの対応もできます。更に、一般の染色機の他に、高圧染色機の設備もあり、濃色・高耐光性の染色加工に対応しています。

プラスチックフィルムの染色加工メーカーとして、長い経験とノウハウは御社のご希望とされる新たな研究開発品に必ずお役に立てると確信しております。また、弊社の技術開発部におきましても、日々、新しいフィルムや染料・薬剤への基本技術の蓄積をしており、当社よりの新技術のご提案もさせて頂きます。

加工品目

染色加工
UV加工
鹸化処理加工
防曇処理加工
水洗加工
その他

加工対象フィルム

ポリエステルフィルム
アセテートフィルム
ポリカーボネートフィルム
アクリルフィルム
ナイロンフィルム
その他

加工規格

フィルム厚み 12μ〜500μ
フィルム幅 250mm〜1,550mm
巻長 染色機により異なります

製品用途

ソーラーコントロールフィルム 自動車・建材・装飾など
波長コントロールフィルム 印刷材料(偏光フィルター)
紫外線吸収 紫外線カットフィルム
光学フィルム LED/LCDの調光用・センサー感知用
識別用フィルム プラスチックワッシャー・粘着テープ
一般用フィルム 粘着テープ・ラベル・装飾・OHP
照明用カラーフィルター  

品質管理項目

分光光度計
色差計
耐光試験機 (フェードメーター)
ベーキング試験機
引張り試験機














お問い合わせ